Other

サッカー選手 藤原賢土さん

Other

サッカー選手 藤原 賢土 選手

 

【プロフィール】

藤原 賢土 選手 (Fujiwara Kento)さん

1992年1月29日生まれ。幼稚園の頃からサッカーを始め、藤枝明誠高等学校ではU-17日本代表に選出される。2014年、関西大学卒業後アルビレックス新潟シンガポールに所属。2018年、ソルティーロ・アンコールFCに移籍。現在は、選手兼監督としてプレーする。  

(出典=ソルティーロ・アンコールFC 公式Twitter)

 

カンボジアのシェムリアップに本拠地を置く ソルティーロ・アンコールFC。本田圭佑選手が実質的オーナを務めており、 日本人選手も数名在籍する。カンボジアの1部リーグ(Cリーグ)で優勝を目指す。

目次

サッカーに明け暮れた学生生活

学生の時は、どんなサッカー人生を歩まれたのですか?

    僕がサッカーを始めたのは、幼稚園の時です。そこの幼稚園がサッカースクールをやっていてそこに通っていました。そこからずっと地元のクラブチームに所属し、高校は親元を離れ、静岡県の藤枝明誠高校に入学しました。高校の時は、朝は自主トレ、放課後はずっとトレーニング、そして夜も自主トレと、ずっとサッカーをしていた記憶があります。そのおかげで夢にも思っていなかった、年代別の日本代表にも呼んでいただきました。また、高校のチームメイトにも恵まれ、2度も全国大会に出場することができました。そして、高校卒業後は、関西大学に入学しました。

大学時代に学んだことはありますか?

関西大学には、全国から有名な選手達がたくさんいて、毎日刺激を受けていたのを覚えています。ほんとに、周りがうますぎてついていくのがやっとでその時はメンタル的にも弱く、自分を表現することができなくなっていました。ただ、優しい先輩、同期にも恵まれ、人としても、サッカーマンとしても成長させてもらいました。

プロの世界へ

アルビレックス新潟シンガポールへ所属することになったきっかけを教えてください

大学卒業間近にサッカーを続けるか、やめるか悩んでいました。Jリーグのチームから話が来たわけでもなくどうするのか正直悩んでいました。そんな時に、大学のGMにアルビレックス新潟シンガポールが取りたいと言ってくれました。開幕が近いこともあって行くか行かないか1日で決めてほしいとのことで、海外だったので、親には相談して行くことを決意しました。その3日後には、飛行機で向かってました(笑)

シンガポールで学んだこと、カンボジア移籍の経緯を教えてください

シンガポールでのサッカーライフは自分の中で一番成長があった3年間だったと思います。Jリーグで活躍されてた選手達が何人かいて、サッカー選手として、人としてのあるべき姿というのを学びました。今の自分が作られたのは、その3年間があったからと胸を張って言えます。シンガポール3年目が始まる時に今年が終わったら絶対他のチームに行こうと思ってました。このチームは全員日本人のチームでした。なので、せっかく海外に出てるなら日本人が誰もいないチームに行きたいと思い、移籍を希望しました。その時に話をくれたのがナガワールドFCです。カンボジアのことは当時あまり知りませんでしたが、日本人が一人ということもありましたので、すぐ移籍を決めました。

カンボジアリーグ

カンボジアでプレーしてみて実際に感じたことを教えてください

カンボジアでプレーしてみて感じたことは、アフリカ人など、強くて大きい選手を前に置いて、縦に速いサッカーをするなと最初感じました。カンボジア人はとても器用で俊敏性があり、仲間想いなのでそこを良さをもっと活かせばいいのになぁと思った印象はあります。

ソルティーロアンコールFCで選手兼監督になったきっかけを教えてください

ナガワールドFCでの1年が終わり、他の国にチャレンジしようと思ってました。 そんな時に、ソルティーロ・アンコールFCが話をくれました。一緒にサッカーしたいと言ってくれて、行く決断をしました。そこで1年間選手としてやらせていただいた後に、本田圭佑さんがカンボジアで監督をやられたこともあり、選手兼監督はどうだ?とチームの方から打診を受けました。最初は、俺なんかがと思っていましたが、周りにも相談して、やろうと決意しました。

選手兼監督を実際にやってみて感じたことを教えてください

選手兼監督として、一番大切だと思ったのは、もちろん単純なサッカースキルの部分の向上をしなければいけませんが、一番はその一人一人の良さを出すことと、人がサッカーをしてるということを理解しなければいけないことでした。監督と選手という、役割、立場はありますが、まず初めにお互いに人として、この人はこうゆう人間だと、その中で良さを引き出してあげる、お互いが信頼しあえる関係を作ることです。僕はそこの部分が得意ではありませんでしたが、これから社会で生きていく上で一番大切なことを学んだと思っています。そして、そこがうまくいけば、チーム作りとしてレベルが上がるのだと自負しております。

カンボジアサッカーにおいての他国との違いはありますか?

カンボジアと他の国とのサッカーの違いですが、正直あまりいろんな国でプレーしてるわけではないので、あまり違いはわかりませんが、間違いなく言えるのは外国人枠の選手の質が上がってきています。それは間違いなくカンボジア人選手にとっても刺激になるだろうし、国全体のレベルの底上げを手助けしてくれるものだと思います!!後は国のことで言うと、特に大変だなと思ったことはなくて、地方の移動の距離がバスで7時間や12時間とかあるのと、その道中のトイレでトイレットペーパーは持参した方がいいことくらいですかね?笑

カンボジアの一番の魅力を教えてください

カンボジアという国は人がとても暖かく、情に熱いすごいいい国です! カンボジアに住んでると、元気をもらえますし、逆にカンボジアのために何かしたいなと思わせてくれる国です!!日本に住んでるとカンボジアのイメージがしにくいと思いますが、ぜひ一度みなさんに遊びに行ってほしいです!!

今後の展望

最後に今後の展望を教えてください。

僕個人の今後としては、今は日本で怪我のリハビリをしながら、社会勉強として、いろんなお仕事をさせていただいています。今はサッカーを続けるために日々過ごしていますが、それと同時にサッカー引退後、カンボジアで何かできればなと思っています。カンボジアに恩返ししたいです!!